若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡市

若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡

投資・節約・クレカ等のお得情報を発信。将来へ向け奮闘する様子をつづります。

月収20万程度の自身が実践していく投資法を整理してみる

f:id:Mutchon:20170725205951j:plain

こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
暑い時に暑いというのは簡単です。ではどうやってそれを和らげるか。
「はい、会社に行って胸いっぱいお腹いっぱいにクーラーに当たります!」
という流れで社畜道を快走する夏を送っております。

さて本日は「月収(手取り)20万でする投資」というものを掲げてみました。
ブロガーの皆さまの記事を拝見していると月10万以上の積立は当たり前、さらにボーナス時はそれに上乗せしているという方が多数いらっしゃいます。
その中でいわゆる低収入な自分が投資というのはちょっと背伸びしている感じがしてモヤッとした気持ちを抱えている時もありました。
でも最近はそうでもなく、努力しつつぼちぼちマイペースで行こうかなと思えるようになってきています。

そこで自分が普段どういう風に投資をしていこうと考えているかよい機会なので整理してみようと思いました。
もちろんインスピレーションは先日もご紹介したこちらの記事からです。

バフェット太郎氏はこの記事の中でまず「稼げ」と仰っています。
そのとおり、返すお言葉もありません。
しっかり勤めてまずは稼ぐことに専念したいと思います。

しかし。しかーし。投資もしたい。
氏の他の記事でも出てきますが、S&P500に毎月5万投資すればそこそこのリターンが得られるという定説があります。
月5万。それならできそう!

しかし冷静になってみるとそもそも果たして月収20万で5万円を毎月積み立てられるものなのでしょうか。
というか月収20万で投資する余裕ってあるのでしょうか。
ここからはむっちょんの家計をモデルケースにして具体的に考えてみたいと思います。

①支出(必要経費)を把握する

まずは何といってもこれですね。
ここが黒字で無いと投資もへったくれもありません。
さておおまかにどのくらいかかるものか羅列してみたいと思います。

家賃  ・・・ 41,500円(福岡市のど真ん中、治安良し)
食費  ・・・ 10,000円
電気代 ・・  5,500円
ガス代 ・・  0円(オール電化のため)
水道代 ・・・ 2,000円
通信費 ・・・ 5,000円(Wimax+格安SIM
保険  ・・・ 5,000円(医療保険
市県民税・・  8,500円
交際費 ・・・ 10,000円(飲み会や友人との食事)
酒代  ・・・ 4,000円(ハイボール、ワイン、焼酎、ウイスキーを併用)
雑費  ・・・ 5,000円(突発的な病院代や結婚式等の支出)

毎月の固定費その額・・・96,500円!!
うーむ検討している方でしょうか。
まぁ実感としてはキリよく10万くらいは使っている感じがあります。
それでも残り半分の10万円程度は投資や貯蓄に回せることになります。

家賃に関してはさすが地方都市というところです。
1DKですが立地がいい割にはなかなかこなれた金額だと思います。
これが東京だとここで3-4万は上乗せされてそうです。
地方暮らしの最大のメリットと言えるかもしれません。

食費は自炊がメインです。
理由は単純で安くお腹いっぱいになりたいからです。
どこかで聞いた言葉ですが「腹が減った状態で寝るほど悲しいものはない」という言葉は本当にその通りだと思っています。

通信費は格安SIM楽天で契約している所が大きいです。
楽天ポイントを最大に活用し支払いに充てています。

最大の突っ込みどころ医療保険
ヤマゲン先生に怒られてしまいそうです。
しかしむっちょんの場合これは付き合いがありどうしても切れない支出となっています。
しょうがない。。ちょっと悔しい。

交際費や酒代もしょうがない(?)支出です。
これらを削ると自分には悪影響が及ぶ可能性大です。
こういった生活をしていく上である程度息抜きとなるお金も必要ですね。
しかし無駄な飲み会は極力パスするようにしています。

この様に節約をある程度することでむっちょんの場合は約10万強投資に回すお金を残すことができています。
しかしここに車やマイホームのローン、さらに若い人は特に奨学金やキャッシング等の借金返済がある場合があります。
少し前の東洋経済ではこんな特集が組まれていました。


非常に厳しい現実が書かれてあります。
自ら借金をしてしまうケース、また奨学金という形で背負い込んでしまうケース等多くの事例が載せられていました。
借金をしてしまうと月収20万どころか30万近くあっても投資どころではないかもしれませんね。
借金そのものを否定はしませんが、可能であれば避けた方がいい道だと思います。

ここまでで月収20万で実践する投資をまとめます。
条件としては

●家賃が比較的安いこと
●ローンや借金の返済が無いこと
●意識して節約すること

この要素が大きく関係していることがわかりました。
同時にここさえ押さえていれば個人差はあれど5万円程度ならば無理なく投資していくことができそうです。

②実際に投資していく計画と見込めるリターンについて

では手元に10万円が残ったとします。
その内7万円をリスク資産にて運用し、3万円を無リスク資産で積み立てた場合どうなるのでしょうか。
なお運用は株式100%で期待リターンは5%、元手は漢しく0からスタートしてみます。

まずは5年間で見てみます。

f:id:Mutchon:20170730194203j:plain
投資信託のガイド ファンドの海 より)
リスク資産総額が476万。そして年間に36万の無リスク資産積立を5年で180万。
合わせて656万。大金だと思います。

続いて10年。

f:id:Mutchon:20170725214238j:plain
1084万に無リスク資産積立360万を合わせると合計1444万。
このくらいの期間になると運用スケールのメリットが効いてきている感じがします。

最後に飛躍して30年。

f:id:Mutchon:20170725214425j:plain
5730万のリスク資産に1080万の無リスク資産を合わせると6810万。
夫婦でもセミリタイア程度なら十分可能な額ではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
状況は人それぞれ異なると思いますが、若くて特に家族を養う必要等が無ければ手取り20万程度でも頑張れば投資はできそうですね!
しかもそれなりに成果も期待することができます。

もちろんこれは机上の空論なのでこんなに順調に積立ができることはないかもしれません。
人生には様々なイベントがあります。
むっちょんでいうなら旅が好きなので旅行で散財もすることでしょう。
また結婚や子ども等を考えている場合、支出が大きく増えるので手取り20万の給料であれば土台からこの計画は崩れます。
ダブルインカムがあるとしても難易度は高いと思います。
(家計に余裕があっても配偶者が投資に理解が無い場合は大変そうです。)

余談ですが元手0なのに株式100%のポートフォリオも少々大胆な作戦だと思います。
むっちょんはある程度の資産額まで債券は組み入れない予定です。
そのかわりに暴落してもあせらない程度の無リスク資産も積み上げていこうと考えています。



でもこういった検証を実際に自分でしてみるのっていいですね。
あせらずこつこつやっていけばそれなりに何とかなりそうな気がします。

改めて自分に言い聞かせたい大事なことを書いておきたいと思います。

●日々しっかり節約すること
→ただ苦しくなって投資を辞めたくなることがないように適度にお金を使うことも意識する。
●借金はしない
複利は返済にも当てはまる。効率の悪いお金の遣い方をしない。
●いかなる状況でも投資を辞めない
→こつこつ投資は多分報われる。そして最終的に一番確実に資産を増やすことができる方法である。

今日の記事は自分自身、また自分と近い境遇で投資に興味がある人に向けて書いてみました。
これを読んで投資に興味があったけど一歩踏み出せなかったという人が投資を始めるきっかけになるといいなと思います。


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村