若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡市

若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡

投資・節約・クレカ等のお得情報を発信。将来へ向け奮闘する様子をつづります。

投資対象が日本株の投信を考える

f:id:Mutchon:20170222202357j:plain

こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
金曜日です。今週もゆううつな仕事が終わりましたねぇ。
まぁむっちょんは明日は休日出勤なのですが。。

さて、東洋経済にこんな記事がアップされています。

楽天証券ファンドアナリストの篠田さんが書かれた記事です。
この記事は最終的に著者が執筆した本で勧めている投信の優位性を説くものとなっています。
その中で日本株を投資対象とする投信に関し興味深い内容が出ていました。

まず長期投資をするうえで人気ランキングに名を連ねるような商品(毎月分配型等)に投資をするのは危険であると始まります。
ここまではよく聞く話です。
しかしここから筆者の持論が展開されていきます。

意外に思われるかもしれませんが、国内の株式に投資するタイプのアクティブ型は、インデックス型よりもよい運用成績を出す商品がたくさんあります。つまり、アクティブ型の商品が最も得意とする分野なのです。 

 そして実際に3年間インデックスとアクティブに積立投資した結果、リターンが約10万ほど差がつくことを述べ記事は〆となっています。

インデックス投信全盛の時代にこういった主張をするのは勇気がいることだろうなと思います。
証券会社の方という肩書を出して書かれているのでなおさら叩かれやすいことでしょう。 

日本株には興味があったので記事自体は興味深く読みました。
それでここからは少しばかり雑感を。

むっちょんの現時点でのアセットアロケーションには日本株は含まれていません。
これからも基本は米国を中心とした世界の株に投資していきたいと考えています。
それは日本の経済がこれから縮小していくのは避けられないだろうという考えからです。

とはいえリスク資産の内全体の約1割程度は日本も含めたいと考えています。
それでよくどの投信に積み立てていこうかと考えるのですが、この答えは中々見つかりません。

たわらTOPIXとかいいなとは思うんです。
ある程度分散が効いていて、日本経済をそれなりにまるっと買えると思うと魅力的です。
でも正直ボックス相場の日本株チャートを見ていると積立しようという気が少し萎えます。
もちろんそういった相場でも利益を出していけるのが積立投資の良いところだとは思うのですが、なんかこうスカッと投資できる気はしません。

インデックス投資を信奉してはいますが、国内株に関してはぼんやりとひふみにしようかなと以前は考えていました。
理由はファンドマネージャー藤野さんの魅力です。
投資成績に関してもちろんすごい人だと思いますがそれと同じくらい話も面白いところがいいなと思っています。
ずいぶん前に読んだこのコラムは良く覚えています。衝撃だった。

今年のTV放映でさらに名を轟かせられた藤野さんですが、メディアや本の中で話される内容は毎度ぶれることがなく初心者でもわかりやすい内容です。

インデックスファンドに投資していくことがコストの面からみて成功の大きなカギになることはその通りなんだろうと思います。
でもこういった自分が魅力があると思えるところに投資をしていくというのもひとつ有りなのかと。
国内投資対象はまだどこに投資するかは悩みそうですがすっきりした気持ちで積み立てていけるところを見つけたいと思っています。

ただアクティブファンドに投資した挙句に運用成績が低くて狼狽売りとか、ファンドマネージャーを批判というのはかっこ悪いのでしたくないですけどね。
投資は自己責任と心に留めこれからも資産運用していきたいです。

ちなみに件の篠田氏は先週末に参加した楽天証券iDeCoセミナーにて講師としてお話をして下さいました。
ご自身の体験も交えて話して頂き、とてもわかりやすいお話であったことは最後に書き留めておきます。


最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村