若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡市

若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡

投資・節約・クレカ等のお得情報を発信。将来へ向け奮闘する様子をつづります。

たわらノーロードを選んだ理由

f:id:Mutchon:20170607204233j:plain
(冬の晴れたニュージャージーの朝)

こんばんは、むっちょんです。
先日から先進国株式の代表的投資信託「たわらノーロード先進国株式」に積み立てを開始しました。
低コスト投信が山ほどある中なぜ選んだのか。
それを書いていきたいと思います。

まずたわらノーロードについて。投資内容は以下のような構成となっています。

f:id:Mutchon:20170607205136j:plain
(※交付目論見書5ページより抜粋。)

パッと見てわかりますが、アメリカの比率が大きいですね。
全体の6割強を占めています。
そしてイギリスやカナダ、フランス等他の先進国が並んでいきます。

また組み入れ銘柄にも注目するとTOP10は誰もが知る企業ばかりで非常に心強さを感じます。
成長が青天井にも思える企業があり、また高配当のEXXONがありと長期的に資産を形成することがしっかり意識されているのかなと思います。

連動を目指している指数は「MSCIコクサイ・インデックス」というものです。
10年のチャートを見てみましょう。

f:id:Mutchon:20170607210959j:plain
(Yahooファイナンスさん、いつも頼りにしとるばい。)
きれいな右肩上がりというわけではありませんが、コツコツ積み立てることで必ずや報われることを期待させてくれるチャートです。
2008-2010年にもしっかりと積み立てられた人はすごいですね。尊敬します。

インデックスファンドは数は多いものの基本的には連動する指数は同じため大きな差は出にくいです。
それで選ぶ基準としてはコストが非常に重視されます。
この点もたわらノーロードはばっちりクリアしています。
手数料0.225%は文句無しの“最安水準”です。

さて、ここで勘のいい方は上記の「最安水準」という言葉に引っ掛かりを覚えたことと思います。
なぜ「水準」という言葉を使ったかというと、コストが安い投資信託は他にもあるからです。

この日本においての先進国株式でコスト最安に君臨する存在。2つあります。
・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

この2つのコストはなんと驚愕の0.2%となっています。
おそろしやですね。企業努力のたまものだと思います。

ちなみにむっちょんはどケチです。
日々節約を重ねポイントを貯める涙ぐましい努力を続けています。
無駄なお金は基本使いたくありませんし、銀行ATM等の手数料なんて1円たりとも払いたくありません。

しかし手数料の点では不利だとわかっていてもたわらノーロードを選んだ理由。
それは過去の歴史が関係しています。

昨年の秋ごろニッセイのファンドは指数からの異常な乖離を示しました。
これが当時物議を醸しており、勉強したてだったころの自分にとっては悪印象となりました。
今となっては大したことではないと思えますが、初めに付いた印象って中々ぬぐえないものです。
指数から乖離するインデックスってのはなんだかなぁと思って見送ることになりました。

そしてe MAXIS slim。
こちらはすごくいいなとは思うのですが既存ファンドで長らく支持を集めていたe MAXISのコストを下げるのではなく、低コストファンドを新設したという黒歴史があります。
これってどうなんでしょうね。

金融ってのはドライな判断が必要な分野だと思います。
でもそれを動かして相場を形作っているのは人間なわけです。
そして最終的に幸せに近づくためにみんな投資をしていると個人的には思っています。
それならば血の通ったものがある意味必要とされるところで、それに反することを運営側がしてちゃいかんのじゃないかなーと思ってしまったのです。
青臭いと言われる気はしますし、ちょっとそんな考えの自分を笑うようなところでもあります。

でもね、100万預けて年間で何百円の差。
そこは自分なりの気持ちも大切にしたいと思いました。
そんなことを熟考した末数ある先進国株式の中で自分はたわらノーロードを選びました。

書き加えておきますが2つとも悪い投信とは思っていません。
コストを引き下げるため身を削る努力を中の人はされていることだと思います。
これから先に取り巻く状況が変われば自分の考えを変えることもあるかもしれません。
その時はその時と柔軟にいきます。もちろんこのブログでも報告させて頂きます。

とりあえずはこのファンドでコツコツ積み立てていきたいと思います。
リスク資産の半分はMSCIコクサイの指数で積み立てていく予定にしています。
全体のポートフォリオ等はまた別の記事にてまとめて改めて書く予定です。
そちらは恐らく米国株もどんと入ってくることでしょう。
今一番関心の大きな分野です。


最後に今回この記事を書いておこうと思った出来事について。
それは先週マネックス米国セミナーで講師を務められていた春山さんが「投資先を人の目に見える形で表現しておくように」と仰っていたことが大きな理由となりました。
記録に残ることによりそれを見返してまた将来考えることができるということです。
たしかにその通り。これからも投資先に関しては簡単にですがレポート記事書いていきます。
そして定期的に自分でも見返して必要であらば適宜修正を加えていく予定です。
春山さん気付きをありがとうございました。

さ!次は米国株について書きたいです!!

↓福岡の若者ががんばっとーけん、よかったら応援ばしてって下さい。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村