若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡市

若者むっちょんが投資するブログ。発信@福岡

投資・節約・クレカ等のお得情報を発信。将来へ向け奮闘する様子をつづります。

VTIを特に20代の同世代に勧めたい理由

f:id:Mutchon:20170607204233j:plain
こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
今週も一週間が終わりました。
むっちょんは仕事の面では今週は売上があまり上がらず、見積をたくさん出す種まきの週となりました。
反省も有りますが後はまいた種の収穫に向けてベストを尽くしていくのみ、週末でリフレッシュして来週へ気持ちを切り替えたいと思います。

さて本日は自分の購入している銘柄について分析する記事を書きます。
むっちょんが定期的に購入しようと計画している銘柄は3つあります。
いずれもETF(上場投資信託)で「VTI」・「IVV」・「VYM」の3点です。
ETFってなんじゃらほいとたまに聞かれた時は「売買ができるいい株が詰まった株の福袋だよ」と答えるようにしています。)

その中でも主力として考えているのが今日考察する「VTI」
正式には「Vanguard Total Stock Market ETF(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)」と言います。

VTIをメインで購入している理由はこの3つです。

①アメリカ市場を網羅している
②手数料が安い
③価格が低い

一つずつ書いて参ります。

①アメリカ市場を網羅している

なんといってもこれが最大の理由になります。
世界の経済の中心であるアメリカの企業全てを取り込んでいるという巨大さ。
では一体どのくらいの数を組み入れているのでしょうか。
答えはこちら。

f:id:Mutchon:20170803205102j:plain
(バンガード社資料より)
答えは3600社。
もう袋に詰め込みまくりですね。
ここまでくると福袋と言うよりはスーパーのタイムセールで野菜を詰め込むおば様方の迫力を思わせる社数です。

そのためしっかり分散されており一社がこけたくらいではビクともしません。
もちろんシーゲル先生推しの高配当株も丸ごと入っています。

さらにここまで数が多いということは大型株だけなくまだ誰も注目していない小型株も入っているということになります。
これはすごいことではないでしょうか。
グロース株(高成長株)の代表格であるアマゾン(AMZN)。
今でこそ株価は1000ドル近いですがこんなにお買い得な時期も長い期間あったのです。

f:id:Mutchon:20170803210049j:plain
(米国モーニングスターより)
少し小さいですが約この20年のアマゾンのチャートです。
1997-2010年まで100ドルまでの間を行ったり来たり。鳴かず飛ばずな状態です。
しかしその後のチャートはこの上がりっぷり。夢があります。

でもこのチャートからこんなことも読み取れないでしょうか。
「成長する銘柄なんてわからない」ということです。

アマゾンに関してのむっちょんの体験に基づく考えも少々。
アマゾンが実生活に侵入し始めたのは恐らく2008年ごろだったと思います。
「なんだか見たことも無い様な製品が売ってあるサイトがあるぞ。しかも格安で。」
こんな第一印象でした。

その後むっちょんの買いものはアマゾン漬けになります。
音楽プレーヤーやSDカード(Transcend推しです)、シャンプーやリンス(少しでも禿げないようにいいものを安く買う)、靴(本革スエードのカジュアルデッキシューズ、年中使えて2000円とコスパ最高!)etc...。
アマゾンで生活は確かに変わりました。

でもそんなに良さを知っていても「よしゃきたアマゾンの株買うばい」とはならなかったです。
こんなにも魅力的なサービスを提供している会社なのになぜそうならなかったのか。

株に興味が無かったからです。
愛するギターヒーロー達に近づこうと日々練習をしておりました。。

・・・しかし。しかーし。
仮にむっちょんが今の状態のまま(すなわち株に関心がある状態)2008年にタイムスリップしたら・・・と考えると。
買ってるかもしれません。あのアマゾンですから!


とは言いましたが、多分買っていないでしょう。
理由は過去10年くらいのチャートを見ながら多分こんなことを考えるからです。

f:id:Mutchon:20170803211631j:plain
「あー勢いに乗って成長した感があって株価はこれから下がりそー。しかも配当もたしか無いよねー。アマゾンはいい会社やけど投資はせんなぁ。」

この数年後むっちょんはチャートを指を加えて眺め、見事クソダサい投資家へと成長したのでありました・・・。

というストーリーが思い浮かびます。
成長する銘柄を見極めるのは非常に難しいことです。
むっちょんには無理です。

だからこそVTIの大型株から小型株まで分散されている内容は非常に魅力に映ります。
未来のアマゾンやフェイスブックに知らず知らずのうちにごくわずかに投資している。
しかも同時にどっしりとした成熟の大型株にも投資ができている。
相反する二つの要素を叶えているのです。
これってすごいことだと思いませんか。

そしてイノベーションが起こり続けているアメリカでは今この時も魅力的な製品やサービスが開発されていることでしょう。
それらを網羅しているVTIに投資するのは間違いなく正解の一つだと考えています。
それはこのVTIのチャートが一つ証明となっています。

f:id:Mutchon:20170803213444j:plain
下落もありますが設定から10年で約2倍の成長です。
大儲けは難しいですが信じてコツコツ投資する、そんなスタイルにこそはまるチャートだと見る度に感じています。

手数料が安い

投資においてリターンは読めませんが、唯一読めるのは手数料です。
VTIはこの点において非常に優秀です。

f:id:Mutchon:20170803215658j:plain
その数字たるや、0.04%。
ちなみに国内の投信で低コストと言われている「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」は0.22%。
約5倍です。
100万円分の運用をしていると年間の手数料はニッセイなら2200円。
VTIなら400円。

1800円の差は大きいですね。
福岡では豚骨ラーメンと替玉1玉が3回程度楽しめます。
この低コストも強くお勧めできる理由です。

価格が低い

最後にこれは個人的な意見です。
王道の米国ETF投資はS&P500に連動するVOOやIVVを購入することだと思います。
でもVOOやIVVは日本円にして1株で2万円台半ばです。
正直最初にここから入るのはハードルの高さも感じます。

経験豊富な方であれば株は10万-100万円台の取引は普通です。
でも自分も含め投資の経験が無い人にとってその金額は少し壁に感じます。
また年若ければなおさらです。
投資金額が大きい場合は「ばくち打ち」という印象も周りの目としては有りうるでしょう。

もちろんVTIも今後値上がりしていく(してくれないと困る)とは思います。
でもこの$100前半の金額はちょうどいい額だと感じています。
多すぎず少なすぎず。ちょっと良いファッションアイテムくらいの価格。

同じ予算で考えてもIVVだと1株しか買えないところがVTIだと2株買えます。
こういったところもむっちょんにはモチベーションになります。
我ながら単純ですね。



いかがでしたでしょうか。
ETFは購入手数料がかかるというデメリットもありますが、現行のNISA制度を使えば無料で手数料をかけずに投資することもできます。
所得が少ない若者にこそ上手に制度を利用して積み立てることでメリットが大きくあります。


なおVTIは経験豊富な投資家による多くの米国株ブログにも登場しています。
中身の内容についてとても参考になる良記事です。
むっちょんが勉強をさせて頂いた記事を最後にご紹介致します。

(米国株ブログの中でもとてもわかりやすいたぱぞうさんのブログ。)

(はちどうきゅうどうさんのブログ。シンプルな書き方をされていますがVTIの奥深さが伝わります。)

ぜひ併せてご覧ください。


本日は投資初心者、かつ人生若輩者のむっちょんが自らの投資対象をご紹介しました。
最近少しETF買いについて考えたいという気持ちがあり、記事に興してみましたが書き終わった今改めてVTIは素晴らしいETFだと感じています。
このブログが一つの参考になれば幸いです。

今週もお疲れ様でした。TGIF!!


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

7月米国ETF購入結果

f:id:Mutchon:20170801213744j:plain
こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
最近朝や晩の暑さが心なしかわずかに和らいでいる気がします。
今年は9-10月まで暑さが続くと言われてはいますが果たしてどうなるのでしょうか。
むっちょんは暑さを逃れて室内でバリバリと働く夏にしようと思っています。
しかし昨夜から鼻水が出始め、のども若干痛くなっています。
見事に風邪をひいてしまったようです...。

さてタイトルの通り7月度のETF買いを振り返ります。
むっちょんのETF買いにはマイルールが存在しています。

①毎月必ず総額50,000円程度購入する
②購入銘柄はVTI・IVV・VYMを基本とする
③大幅な下落があった際はスポット買いも随時行う


非常にシンプルなこの3つです。
特に①の50,000円程度購入というドルコスト法は習慣として根付くよう鋭意努力中であります。


ではまず7月度の米国市場全体はどんな感じだったのでしょうか。
S&P500で振り返ってみます。

f:id:Mutchon:20170801215241j:plain
(Investing.comより)
ご覧の通りきれいな右肩上がりのチャートです。
結果を見て言うと月初に購入すべき相場となりました。

さてむっちょんの投資行動はというとこの様なものでした。



約定数と価格はこちら。

★VTI→2株(@$126.68)
★VYM→2株(@$79.43)
★投資総額:$412.22(45,344円)


先ほどS&P500は見ましたがこれらのETFはどんな値動きをしていたのでしょうか。
まずはVTI。

f:id:Mutchon:20170801223141j:plain
(米国モーニングスターサイトより)

続いてVYM。

f:id:Mutchon:20170801222905j:plain

結果はご覧の通り当然ながらどちらも月末に華麗に高掴みです。
月初に買いそびれそのまま指を加えてチャートを眺め続け、月末マイルールを振りかざし無理やり購入したという結果となりました。

多少悔いは残りますがこれも勉強。
そしていつでも安く買えると思ってもだめですね。
とりあえずはルールを守ったことを一つ成果として今月以降の購入に役立てていきたいと思います。

8月のETF購入に関してはIVVの購入を一つの目標として据えています。
相場が崩れるようなことがあれば積極的に買いに入るよう意識してチャートを注視していきます。
しかしもう$400程度しかないのでまずは原資を調達しなければというところです。

今月はどこで購入することになるのでしょうか。
これを書いている今が一番買い時だった・・なんてこともあり得ますが。


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

eMAXIS Slim新興国株式を買ったよ

f:id:Mutchon:20170714203452j:plain
こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
本日で7月が終わり。本当に早かった!!
仕事が量は多くなかったものの売り上げ達成のため日々奮闘していたこともありあっという間でした。
いよいよ8月。夏真っ盛りですね。
気分的にはもう10月くらいでもいいのですが。

さてインデックス界に大きな話題をもたらしたこの衝撃の発表から早半月。

今日がこのファンドの取扱初日でした。
もちろんむっちょんも額は少しですが買いました。
これで投信はたわらノーロード 先進国株式一本から新興国投資もスタートとなります。
記念すべき日となりました。パチパチ。

思い返せばどの投信を購入するか悩んでいた期間はとても長かったです。
特に新興国クラスは軒並み手数料が高く二の足を踏みまくり。
でもそんな悩みからもこれで解放されます。
低コストでMSCIに連動する投信。
もし新興国株式のお勧めを問われたら間違いなくこれを推す素晴らしい投信だと思います。

たわらノーロード 先進国株式
を会社のお昼休みに定期購入し始めて早2ヶ月。
毎日の購入作業は早々に苦になるかなと考えていましたが、意外や意外まったくそんなことありません。
むしろ習慣となっており購入しないと落ち着かなくなっています。

もちろんこれは一重に相場が好調で含み損が出ていないということも大きいです。
しかし元々コツコツと何かに取り組むことがほどほどに得意なため毎日積立は自分に合っている方法なのかもしれないと最近は考えています。

そういったことからこのeMAXIS Slim
新興国株式これから毎日積立を実施していこうと思っています。
またこの投信だけでなく以前ご紹介した
iTrust新興国株式やVWOも加えつつ理想のアセットアロケーションを作っていきたいと思います。


さてさて最後に少しだけ為替の動向に触れたいと思います。

f:id:Mutchon:20170731210459j:plain
(Yahooファイナンスより)
6月中旬クラスの買い場がやってきたかもしれません。
散々仕込むと言っておきながらまだドルを調達できていないむっちょん。
今週末は雇用統計もありどうなるかわからないため動きが軟調なこの辺りで購入しておくべきと思っています。
思ってはいるのですが少し面倒。

最近ドル買いからのETF買いがちょっと面倒になりつつあります。
円で買い付けできる投信は非常に楽であります。
思考停止で買いを入れるだけ。簡単。うまいやすいはやい。

・・でも楽だからと言って投信ばっかり購入するのもちょっと違うと思います。
そもそもなぜVTIやIVVに投資しようと思ったのか。
その辺をまた考えてみるタイミングになったのかもしれないです。


暑い7月でした。
まだまだ夏の盛り、熱中症等気をつけて夏を乗り切っていきたいと思います。


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

喜んでガリガリ君を買いに行こう

f:id:Mutchon:20170530201421j:plain
こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
金曜日の夜。これは至福のひと時だと思います。
明日と明後日はお休み。今月2回目の連休。
幸せで頭が溶けそうです。

今日はいわゆるプレミアムフライデーであります。
むっちょんは普通に定時まで働き帰社しました。
買い物がてら街を自転車でぐるりと回ってきましたが、お店に人は普通に多いかなと思いました。
でも金曜日の夜だからこんなものなのかもしれません。

さて本日のタイトルのお話であります。
暑い日が続く中パッケージを見るだけで少しひんやりした気持ちになれるあいつ。

f:id:Mutchon:20170728210104j:plain
そうです。ガリガリ君
うまいですよね。ちょっと歯にしみるけど。
でもそれもまたよし。
そしてガリガリ君といえばゲテモノに近い味を出すことでも有名。

「コーンポタージュ味」

ナポリタン味」


いやーこの企画書を書いた人はすごい。
そしてこの商品を発売する会議、生で見てみたいですね。
むっちょんはたまにこういう面白系の製品に関する企画会議を妄想することがあります。
自分がその発案者で後1分でプレゼンをしなければならない・・・
想像しただけでブルッと来ます。
び、ビビってるんじゃありません。むしゃしゃしゃぶるいです。



妄想はさておき、今日は暑くてたまらないからガリガリ君を買いに行くよというお話をするためにこのブログ記事を書いているのではありません。
むっちょんは無リスク資産は現在楽天銀行マネーブリッジ を活用しています。
地銀に預けておくと金利は0.001%ですが、マネーブリッジだとこれが0.1%となります。
いずれにしても利息としてはわずかですが利率としては相当大きな差です。

それでそのままただ預けておいても良いのですが、ちょこちょこと短期の定期預金が開催されています。
1ヶ月で0.2%とかという具合です。
これもありがたく活用しております。

しかし。定期預金の満期の日。
ワクワクする気持ちはあるのですが、明細を見るとちょっとゲンナリともします。

振り込まれた利息の額・・・そうガリガリ君が買えるくらい。


ガリガリ君食べたら終わり。

もし間違えてナポリタン味買ってしまって超まずくて普通のガリガリ君で口直ししたくなったらそこからは自腹・・・。

マイナス金利のバカヤロー!


まったくごくわずかな利息から税金までがっぽり引きおって・・。

どうかしてるんじゃないかと思います。
預金は金融商品の中では税金のとられ方がえぐいですね。
やんなっちゃいます。

短期の定期預金満期になった日、その日はむっちょんにとってこの複雑な感情を抱えることで嬉しくもありなんか脱力したりという気持ちを味わう日でもあります。



しかししかし。
一方でこの金利を生み出すために銀行はどのくらい働いているのかとも冷静になると考えます。

貸し付けをしたり金融商品を運用したり。
株や債券投資をしたり半沢直樹ばりにM&Aをまとめたりしているはずです。
血のにじむような勉強と仕事量、そして喜びや悔しさを滲ませながらバンカーは働いていることでしょう。

そんなことを少し立ち止まって考えてみると、あら不思議少額でもありがたくなってきます。
そもそも口直しができないと不満を述べてはいますが、元はといえばぽやっとしてナポリタン味を買ってしまうむっちょんが悪いのです。
狙いを定めてソーダ味を買えば灼熱の夏をすっきり爽やかに過ごせるのです。

それでむっちょんは今日新たに心に誓いました。
すなわちもう愚痴は言わず、喜んでガリガリ君を買いに行こう。
そして例え低金利の世の中でも倹約と貯蓄に励み、金利だけでガリガリ君をたくさん食べられるようになろう。
そしたら僕の世界は間違いなく変わるはずだ。

この暑い思いを胸に土日を満喫したいと思います。

今週も終わりました!
TGIF!!
   


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

月収20万程度の自身が実践していく投資法を整理してみる

f:id:Mutchon:20170725205951j:plain

こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
暑い時に暑いというのは簡単です。ではどうやってそれを和らげるか。
「はい、会社に行って胸いっぱいお腹いっぱいにクーラーに当たります!」
という流れで社畜道を快走する夏を送っております。

さて本日は「月収(手取り)20万でする投資」というものを掲げてみました。
ブロガーの皆さまの記事を拝見していると月10万以上の積立は当たり前、さらにボーナス時はそれに上乗せしているという方が多数いらっしゃいます。
その中でいわゆる低収入な自分が投資というのはちょっと背伸びしている感じがしてモヤッとした気持ちを抱えている時もありました。
でも最近はそうでもなく、努力しつつぼちぼちマイペースで行こうかなと思えるようになってきています。

そこで自分が普段どういう風に投資をしていこうと考えているかよい機会なので整理してみようと思いました。
もちろんインスピレーションは先日もご紹介したこちらの記事からです。

バフェット太郎氏はこの記事の中でまず「稼げ」と仰っています。
そのとおり、返すお言葉もありません。
しっかり勤めてまずは稼ぐことに専念したいと思います。

しかし。しかーし。投資もしたい。
氏の他の記事でも出てきますが、S&P500に毎月5万投資すればそこそこのリターンが得られるという定説があります。
月5万。それならできそう!

しかし冷静になってみるとそもそも果たして月収20万で5万円を毎月積み立てられるものなのでしょうか。
というか月収20万で投資する余裕ってあるのでしょうか。
ここからはむっちょんの家計をモデルケースにして具体的に考えてみたいと思います。

①支出(必要経費)を把握する

まずは何といってもこれですね。
ここが黒字で無いと投資もへったくれもありません。
さておおまかにどのくらいかかるものか羅列してみたいと思います。

家賃  ・・・ 41,500円(福岡市のど真ん中、治安良し)
食費  ・・・ 10,000円
電気代 ・・  5,500円
ガス代 ・・  0円(オール電化のため)
水道代 ・・・ 2,000円
通信費 ・・・ 5,000円(Wimax+格安SIM
保険  ・・・ 5,000円(医療保険
市県民税・・  8,500円
交際費 ・・・ 10,000円(飲み会や友人との食事)
酒代  ・・・ 4,000円(ハイボール、ワイン、焼酎、ウイスキーを併用)
雑費  ・・・ 5,000円(突発的な病院代や結婚式等の支出)

毎月の固定費その額・・・96,500円!!
うーむ検討している方でしょうか。
まぁ実感としてはキリよく10万くらいは使っている感じがあります。
それでも残り半分の10万円程度は投資や貯蓄に回せることになります。

家賃に関してはさすが地方都市というところです。
1DKですが立地がいい割にはなかなかこなれた金額だと思います。
これが東京だとここで3-4万は上乗せされてそうです。
地方暮らしの最大のメリットと言えるかもしれません。

食費は自炊がメインです。
理由は単純で安くお腹いっぱいになりたいからです。
どこかで聞いた言葉ですが「腹が減った状態で寝るほど悲しいものはない」という言葉は本当にその通りだと思っています。

通信費は格安SIM楽天で契約している所が大きいです。
楽天ポイントを最大に活用し支払いに充てています。

最大の突っ込みどころ医療保険
ヤマゲン先生に怒られてしまいそうです。
しかしむっちょんの場合これは付き合いがありどうしても切れない支出となっています。
しょうがない。。ちょっと悔しい。

交際費や酒代もしょうがない(?)支出です。
これらを削ると自分には悪影響が及ぶ可能性大です。
こういった生活をしていく上である程度息抜きとなるお金も必要ですね。
しかし無駄な飲み会は極力パスするようにしています。

この様に節約をある程度することでむっちょんの場合は約10万強投資に回すお金を残すことができています。
しかしここに車やマイホームのローン、さらに若い人は特に奨学金やキャッシング等の借金返済がある場合があります。
少し前の東洋経済ではこんな特集が組まれていました。


非常に厳しい現実が書かれてあります。
自ら借金をしてしまうケース、また奨学金という形で背負い込んでしまうケース等多くの事例が載せられていました。
借金をしてしまうと月収20万どころか30万近くあっても投資どころではないかもしれませんね。
借金そのものを否定はしませんが、可能であれば避けた方がいい道だと思います。

ここまでで月収20万で実践する投資をまとめます。
条件としては

●家賃が比較的安いこと
●ローンや借金の返済が無いこと
●意識して節約すること

この要素が大きく関係していることがわかりました。
同時にここさえ押さえていれば個人差はあれど5万円程度ならば無理なく投資していくことができそうです。

②実際に投資していく計画と見込めるリターンについて

では手元に10万円が残ったとします。
その内7万円をリスク資産にて運用し、3万円を無リスク資産で積み立てた場合どうなるのでしょうか。
なお運用は株式100%で期待リターンは5%、元手は漢しく0からスタートしてみます。

まずは5年間で見てみます。

f:id:Mutchon:20170730194203j:plain
投資信託のガイド ファンドの海 より)
リスク資産総額が476万。そして年間に36万の無リスク資産積立を5年で180万。
合わせて656万。大金だと思います。

続いて10年。

f:id:Mutchon:20170725214238j:plain
1084万に無リスク資産積立360万を合わせると合計1444万。
このくらいの期間になると運用スケールのメリットが効いてきている感じがします。

最後に飛躍して30年。

f:id:Mutchon:20170725214425j:plain
5730万のリスク資産に1080万の無リスク資産を合わせると6810万。
夫婦でもセミリタイア程度なら十分可能な額ではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
状況は人それぞれ異なると思いますが、若くて特に家族を養う必要等が無ければ手取り20万程度でも頑張れば投資はできそうですね!
しかもそれなりに成果も期待することができます。

もちろんこれは机上の空論なのでこんなに順調に積立ができることはないかもしれません。
人生には様々なイベントがあります。
むっちょんでいうなら旅が好きなので旅行で散財もすることでしょう。
また結婚や子ども等を考えている場合、支出が大きく増えるので手取り20万の給料であれば土台からこの計画は崩れます。
ダブルインカムがあるとしても難易度は高いと思います。
(家計に余裕があっても配偶者が投資に理解が無い場合は大変そうです。)

余談ですが元手0なのに株式100%のポートフォリオも少々大胆な作戦だと思います。
むっちょんはある程度の資産額まで債券は組み入れない予定です。
そのかわりに暴落してもあせらない程度の無リスク資産も積み上げていこうと考えています。



でもこういった検証を実際に自分でしてみるのっていいですね。
あせらずこつこつやっていけばそれなりに何とかなりそうな気がします。

改めて自分に言い聞かせたい大事なことを書いておきたいと思います。

●日々しっかり節約すること
→ただ苦しくなって投資を辞めたくなることがないように適度にお金を使うことも意識する。
●借金はしない
複利は返済にも当てはまる。効率の悪いお金の遣い方をしない。
●いかなる状況でも投資を辞めない
→こつこつ投資は多分報われる。そして最終的に一番確実に資産を増やすことができる方法である。

今日の記事は自分自身、また自分と近い境遇で投資に興味がある人に向けて書いてみました。
これを読んで投資に興味があったけど一歩踏み出せなかったという人が投資を始めるきっかけになるといいなと思います。


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今月もそろそろドル転か

f:id:Mutchon:20170724202551j:plain
こんばんは、むっちょん(@Muckon1 )です。
今日は朝の一時集中的な雨が降りましたが結局雨はそれだけでムシムシした暑い日になりました。
いやはや、もう今年の夏は終わってもいい頃合いではないでしょうか。
日々溶けているむっちょんであります。

さてさて少し前は114円台だったドル。
ここにきてまたもやセールが到来しております。

f:id:Mutchon:20170724202934j:plain
ドル円はここ最近何ヶ月間はほぼ110円-114円のボックスを形成していますね。
定期的に買い時が来てくれるのは嬉しいばかりです。
ドンと買い付けてしまうというのがよいのでしょうが、手持ちの資金はそれを許してくれません。
でもまだまだ自分の資産は円ばかりということを考えると、思い切ってまとまった額を投入してもいいのかなとは思うのですが。
この辺は悩みどころです。

こういった悩みがあることがETF買いが少々面倒だという気持ちに繋がります。
将来的にS&P500投信が出てきたらあっさりそちらの積み立てに走ってしまいそうな気もします。
たわらかiFreeかeMaxisSlim辺りが誕生させてくれるとありがたい限りです。


さて、為替は特にめぼしいニュースが無いと円高に触れがちな昨今ですが、株価の方は順調な推移をしています。
今晩のNY株の読み筋=VIX、過去最低水準に迫る(モーニングスター) - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

毎月の様に上がっていく株価は買いにいくことを躊躇させるものとはなっていますが、時折書いているようにこういう時こそ買いを進め自分の兵を増やしていきたいと考えています。
「短期で見れば調整が入っても長期では必ず上がる。」
このシンプルな一つの答えを自分の体験とできるかどうかは、毎月毎月の行動でしか証明できません。

後から振り返って「ああしておけば。あるいはこうしておけば。」と振り返ることは避けたいものです。
そのために日々の仕事・休日出勤・節約等をこつこつ積み上げ、市場に資金を投下することにより、そう遠くない将来に笑って振り返られるよう暑い毎日ですが取り組んでいきたいと思います。


ちなみにむっちょんはこの前の土曜日、臨時でバイトに行ってきました。
派遣されたのはウォルマート。(要はサニー)
いやはやアメリカに投資していると知ってか知らずか粋なことをしてくれる派遣社です。
(サニーに行っただけでこんなことを考えるのは重傷w)
ささやかではありますがその資金も原資にしつつとりあえずはドル転をしようと思います。

偉大なる米国株ブロガーであるバフェット太郎氏。
まずは「稼げ」と言われました。

個人的にはこういう渇を入れてもらうと頑張ることができます。
親兄弟からもなかなかこんな事言われることはありません。感謝です。
労働資本も目一杯使いつつ充実した日々を過ごしていくことができればいいですね。
仕事と投資とプライベートのバランス。
うひゃぁ、難しっ。。


本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
福岡の若者ががんばっとーけん、よかったらクリックで応援ばしてって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村